物流DX

物流はDXでどう変わるのか

hatenaブログアイコン LINEアイコン
屋内, テーブル, フロント, 座る が含まれている画像

自動的に生成された説明

最近「DX(デジタルトランスフォーメーション)」というキーワードをよく目にします。DXとは、簡単に言えば「AI(人工知能)やIoT(物のインターネット)などの新しいデジタル技術を使って生産性を向上し、社会や企業の課題を解決して業務改革を行うこと」です。

かつて物流の世界は非常にアナログで、現場担当者の職人技で成り立っていました。しかし今、物流の世界はデジタル化・ロボット化が進み、大きく変化しています。今回は、物流はDXによってどう変わるのかを解説していきましょう。

物流の進歩

いきなりDXの話をする前に、これまでの物流の進化についておさらいしてみましょう。

「ロジスティクス」という言葉は元々軍事用語で、戦場の後方から前線の部隊のために、軍需品・食糧などを供給する「兵站(へいたん)」を意味するものでした。しかし最近は「ロジスティクス」といえば、商品の保管から包装、流通加工を行ったうえで輸送するなど一連の流れを一括で管理する「物流拠点」を意味する言葉となりました。

最近は「ロジスティクス4.0」という言葉も語られています。

では、「ロジスティクス1.0」から「ロジスティクス4.0」までの変化を簡単にまとめましょう。

「ロジスティクス1.0」=輸送の機械化の時代(1900年頃~)

大昔、輸送は馬やラクダなどの動物を利用していました。20世紀になると、やがて自動車や鉄道や船舶などが出現し、トラックや鉄道や船舶で大量輸送が可能となりました。

「ロジスティクス2.0」=荷役の自動化(1950年代~)

1950年代に入ると、第2次世界大戦などでフォークリフトやパレットなどが活用されるようになります。荷物をパレット単位でサイズを共通化することで、船舶のコンテナの中に効率よく搬入出来るようになり、海運から陸運への橋渡しもスムーズにできるようになりました。

「ロジスティクス3.0」=管理・処理のシステム化(1980年代~)

1980年代になると、コンピューター技術が進化します。在庫管理システムは、在庫・出庫の数をシステム管理することで、紙の台帳が不要となりました。また輸配送管理システムはトラックの配車状況を管理し、NACCS(Nippon Automated Cargo and Port Consolidated System)による輸出入の税関の手続きをデジタル化してきました。これまで人間がやってきた事務作業がデジタル化されてきたのです。

「ロジスティクス4.0」=物流の装置産業化(現代~)

そして現在、倉庫にはロボットが導入され始めています。かつての現場担当者の経験だけに頼っていた仕事が、ロボットやシステムに置き換わりつつあります。IoTやAIの出現により、現場職人の経験がロボットで対応できるようになってきたのです。そのようなロボットなどのよる自動化・数値化された時代が「ロジスティクス4.0」となります。

物流業界の課題

現在物流業界には、大枠で下記3点の課題があります。

1.小口配送の増加

物流業界ではEC(インターネット通販)の拡大により、個人向けの小口配送量が拡大しています。そのため、小口配送業務への対応が重要視されています。またECの配送では、顧客の不在などによる再配達などの問題もあり、配送の多頻度化も重なってドライバーの負担が増大しています。

2.人手不足

帝国データバンクが発表した「人手不足に対する企業の動向調査(2019年)」によると、「運輸・倉庫」は10業界51種類の中で6番目に従業員が不足しているという結果が出ています。人手不足が続けば既存ドライバーに依存する必要が高まり、高齢化が進むことにもつながります。

3.従業員の負担増大

上記のように、小口配送の増加や人手不足は、従業員の業務を増加させます。配送物は細かくそして多くなり、それらを処理する倉庫スタッフが足りていなければ、スタッフひとり一人の負担は増大することとなります。

「ロジスティクス4.0」によるロボティクスの活用が進むことで、物流業界の人手不足が解消され、さまざまなものの流れが可視化・データ管理化できるようになります。このようにして課題を解消し、生産性を向上してゆくことが、物流業界の進むべきDXの方向性と考えています。

物流DXは何をするのか

光 が含まれている画像

自動的に生成された説明

alt=[物流DXは何をするのか]

物流の6大要素とされるのは、「輸送・配送」「保管」「荷役」「包装・梱包」「流通加工」「情報処理」です。それぞれの要素がデジタル化されるとどうなるのか、そのイメージを考えてみましょう。

「輸送・配送」

「配送」の自動化は、既にイメージできる方が多いかもしれません。

既にドローンや自動運転ロボットでの実証実験が開始されています。

「保管」

「保管」はWMS(倉庫管理システム)の導入で、大きくデジタル化が進みました。

在庫をどこに格納するのかの「ロケーション」や、入庫日時や出庫すべき日時もシステムで管理できるようになりました。さらに倉庫内の温度・湿度管理も自動で行い、生鮮食料品などの鮮度も数値で管理できるようになっています。つまり、今まで現場作業員の経験値で判断していたことが数値化・標準化されることで誰でも対応が可能な分野になってきているのです。

「荷役」

「荷役」もAIを搭載したピッキングロボットの出現で、人間が倉庫内のどこにどの商品を保管するかを考える必要がなくなりました。ピッキングロボットがRFIDタグ(Radio Frequency Identification 電波を使って非接触でデータ読み書きする技術)などを使って、自動で必要な商品を必要な場所からピッキングしてくれるようになっています。

また、トラック・貨車・船舶・航空機などの輸送機器への積み下ろしの自動化が進んでいます。レーザースキャナーを搭載した自動運転の無人フォークリフトが、必要なものを必要な場所へと移動させます。電動式移動ラックは、無人フォークリフトがものを取り出せるよう、自動で移動して無人フォークリフトの動作をサポートします。

「包装・梱包

「包装」に関しては、お菓子メーカーの工場をイメージしていただければ、自動化されているのは分かりやすいと思います。また箱詰めなどの「梱包」も、個別の商品を一つずつピックアップして箱に入れるロボットや、箱詰めされた段ボールを自動で閉じるロボットなどもあり、自動化が進んでいます。

「流通加工」

商品をロット数分で箱詰めするなどの「流通加工」も、もちろん自動化されています。

最近は「カスタマイズ」できる商品が増えています。注文時に、カラーバリエーションで赤が3つと青が3つなど、注文ごとに必要なセットを作る必要が出てきています。さらに、そのようにカスタマイズした内容にミスがないか、検品するような機能を盛り込むケースも出てきています。

工業用製品などの場合は、梱包時に防錆材を塗布するなどの作業も、「流通加工」の作業として行う場合があります。

「情報処理」

「情報処理」は、最もデジタル化されている部分。倉庫管理システム(WMS)や輸配送管理システム(TMS)がありますので、こちらもイメージできるのではないでしょうか。

倉庫管理システムは、商品の出入個や管理場所などを扱うシステムです。輸配送管理システムは、トラックの配車などを効率化し、積み荷の積載量の管理などを行います。

このように、物流はDXにより無人化・自動化が進むことにより、3大課題とされる「小口配送の増加」「人手不足」「従業員の負担増大」を改善してゆくのです。

物流業界のDX状況

物流業界では、このようにDXが進められていますが、まだ業界全体に浸透しているという訳でもありません。

十分な資本のある大手物流企業や大手メーカーなどは、DXに投資を始めていますが、中堅以下の企業では、まだまだDXが進んでいるとは言い難い状況です。

そしてもうひとつ、DXを進めたくない「現場感情」というものもあると思われます。

「AIの導入=人間の仕事を取られる」と考え、DXに否定的な感情を持っている場合も少なくないと感じられます。

例えば、トラックやコンテナに「いかに効率よく荷物を積むか」は、まだまだ人間の経験値が有効な現場です。すべてが均一なパレットサイズであれば、自動フォークリフトでAIが判断して効率よく積み込むかもしれません。しかし、いろいろな現場で耳にするのは、トラックなどへの効率的な積み込みは、まだまだ人間の経験値が有効な現場であるということです。

そのような感情で働く現場スタッフの理解を得ながらDXを進めるためには、DXが現場にどのような変化を与えるのか現場の理解を得ることも大切です。経営層に提案する部長クラスは、自社のおかれている状況を正しく理解し、改善策となるシステム化やロボティクス化で、技術だけではなく人材面についてもどのように改善するのかを、経営層に正しく伝える必要があります。

そのためには、情報システム部門などのITリテラシーの高い部門と協力しながら、きちんと経営層が判断できる内容でDX推進案を提案する必要があると考えています。

これからDXを進めようと考えている物流担当者も多いと思います。

今後は、具体的に物流の最新技術に関する記事を公開していきますので、参考にしていただければ幸いです。

人気キーワードから
記事を探す