物流DX

物流が変わらなければいけない理由

hatenaブログアイコン LINEアイコン

今、物流業界は大きく変わろうとしています。

かつて物流は、現場の経験値がものをいう職人気質の高い業界でした。しかし昨今の技術革新は、さまざまな作業を自動化し、数値化してくれます。そのため、さまざまな物流現場でデジタル化が進み、物流全体をDX(デジタルトランスフォーメーション)して新しい価値観を生み出そうとしています。そのため、「物流を制するものがビジネスを制する」などと語られるようになったのです。

「物流革命」という言葉もあるように、今物流は単に技術が向上するというレベルではなく、物流システムの在り方から見直す時期となっているのです。


ニーズが拡大する物流

もちろん理由は技術革新だけではありません。

インターネット通販(以下EC)の成長により、物流は効率化が重要視されるようになりました。2010年に7兆7880億円だったEC市場は、2019年には19兆3609億円まで成長。全産業(物販系)におけるECの割合を表す「物販EC化率」は、6.76%と右肩上がりで成長しています。

EC市場規模と物販系EC化率

※経済産業省サイトより引用

(https://www.meti.go.jp/press/2020/07/20200722003/20200722003.html)

また、ECだけではなく実店舗の物流も、輸送回数が増加しています。

1日に何度も商品を納入する「多頻度納入」という言葉がありますが、この「多頻度納入」が重要視されるようになってきたのです。

例えば大手コンビニエンスストアは、1日に3~4回20℃程度に管理されたトラックで、弁当やおにぎりやパンなどの食材を納入します。さらに5℃程度で管理されたチルドトラックでも1日に3回程度、サンドイッチやサラダや牛乳などを納入しています。そして冷凍食品やアイスクリームなどは、週に3回~7回程度-20℃程度で管理されたフローズン納入が行われます。さらに、温度管理の必要ない常温での納入物は、週に2回~7回行われています。

つまり多い場合には、1店舗に1日9回もの納入が行われているということになるのです。

効率化と数値化が重要に

このように、物流の納入回数が伸びていることから考えると、倉庫作業もトラックでの輸送も、効率化が求められることは容易に想像できると思います。そしてもう一つ求められるようになったのが、物流の「数値化」です。

これだけ納入回数が増えてくると、誰がいつどれだけの数量の商品を注文し、その商品がいつ倉庫から出庫され、どの物流センターを経由していつ届くのか、在庫管理の数値とも紐づけて物流全体のものの流れを確認できる仕組みが必要となってきます。

ECで商品を購入した場合でも、その商品がいつ出庫されて、今どこの物流センターを通って、最後の宅配作業に入っているかがインターネットで確認できるようになっていますが、それと同様のことが、いやそれ以上のことが物流全般で求められているのです。

物流倉庫は、単に商品を保管するだけのものではなくなり、商品の保管から包装、流通加工を行ったうえで輸送するなど一連の流れを一括で管理するようになりました。いわゆる「ロジスティクス」と呼ばれている機能が求められているのです。

そのためには、該当の商品がどこに格納されていて、必要な商品を倉庫内の必要な場所へ自動で移動させ、必要な個数だけピックアップして梱包し、自動で配送するなどの技術が必要になります。このような自動化の技術にはAIが搭載されており、人間が対応するよりも早く正確に処理できるようになってきています。倉庫内の格納場所から、必要な商品を移動させるピッキング作業も、今や自動運転ロボットが行う時代になっています。

倉庫だけでなく輸送自体も変わる

上記のように「倉庫」は、これまでの商品を保管する場所から「ロジスティクス」という物流の一連の流れを効率よくさばくための拠点へ変化しなければならなくなりました。

ただ変わるのは倉庫だけではありません。「輸送」も変化の時期を迎えています。

ちょっと近未来の話をすれば、輸送の「ラストワンマイル」と呼ばれる、物流拠点からお客様宅までの輸送をドローンや自動運転ロボットが対応するということも、実証実験が始まっています。

まだまだ遠い未来のことと思っているような、ドローン宅配・自動運転宅配なども実用化に向けて着々と実証実験が進んでいるのです。

では近未来ではなく現在は、どのような技術が運用されているのでしょうか。

TMS(Transport Management System)という輸配送管理システムが、輸送トラックを無駄なく配車しています。荷台を空の状態で運行すれば、燃料費とドライバーの人件費だけが無駄にかかります。また、ドライバーの労働環境も改善が必要です。無理な長時間労働などは、事故のリスクにもつながります。そのためトラック輸送計画をAIで行い、近年の物流業のトラックドライバーの深刻な人手不足や残業過多などの問題解決に寄与しています。

ドライバーごとの作業量を管理し、今どこを走行しているかなどを把握しながら、業務過多になっているドライバーを数値で把握するようになっているのです。輸送トラックのさまざまな情報を数値で管理しますので、過剰積載や運搬量が少なく貨物車内スペースが余ってしまうなどの無駄も防止できます。

またドライバーの運転技術を管理する機能も盛り込まれています。

デジタルタコメーターでトラックの走行時間や速度・エンジンの回転数などを数値化し、全社的に燃費を効率化するなどの対策も行われています。

このように物流は、効率化と共に正確性を求められる時代となってきました。

そのため昔のような職人の勘に頼るものから、自動化・数値化が必要とされるようになってきたのです。これが、物流技術がデジタル化されて、物流のDX(デジタルトランスフォーメーション)を進める「変わらなければいけない理由」です。

人気キーワードから
記事を探す